顔に触らず、顔マッサージ。もう老け顔なんて言わせない!

顔のたるみ。今は加齢だけが原因ではありません。不規則な生活、偏った食事、表情のくせ。こんなことから20代、30代からたるみ始める女子急増中です。

他人から見たときの「あの人老けたな」と感じるナンバーワンは、顔のたるみだと言われています。
テレビを観ていても「劣化」などと揶揄されるタレントさんは、目の下や口もとのたるみが顕著。
反対に、「奇跡の40代」なんて言われる女優さんは、全体の印象は年相応に落ち着いた感じがしても、顔はしまってますよね。

ヒアルロン酸やコラーゲンの不足を補うにしても限界があるし、たるみ改善の顔ストレッチはなかなか効果が出ない。
フェイスマッサージは、上手にやらないと肌をいためたり、しわをつくる原因になる場合もあります。

でも、すごく簡単で、しかも即効性のある顔のたるみを解消する方法があるんですよ。

顔のたるみや、むくみなどの原因に、リンパの流れが滞っているということがあります。
リンパは、からだの中の免疫機能に大きな役割を持っていますが、流れが悪いと、血行障害を起こし体調を崩すこともあります。
リンパの流れをよくしてあげれば、老廃物や水分がスムーズに流れ、健康になるだけでなく、脂肪のかたまりが流れ、ダイエットなどにも効果的ですし、首から上のリンパの流れを促してあげれば、たるみやむくみが改善できます。

首から上のリンパは、鎖骨のところにあるリンパ節に集まるようになっていますので、鎖骨のリンパ節の流れを作ってあげれば、スムーズにリンパ液が流れます。http://www.chazawabs.com/

まずは、手の平を鎖骨に押し当て、ゆっくりと圧をかけることでリンパ節が刺激を受けますので、そのまま腕を3回まわしリンパ液を流します。
次に、首の側面を押し当て、同じように腕を3回。最後に人差し指と中指で耳を挟んだ状態で押し当て、腕を3回。

それぞれからだの左側をやるときは、右手で、右側をやるときは左手で行います。
リンパが流れている状態をイメージして、意識することが大切です。
お風呂上りなどの、血行の良いときに静かな音楽でも聴きながらやりたいですね。