小顔になりた~い。恵比寿造顔マッサージの正しいやり方。

誰でも一度は耳にしたことがある「造顔マッサージ」。
顔にたまった脂肪や老廃物をリンパに流していくことで小顔になれ、10年前の顔に戻るといわれるセルフマッサージです。

ただ、間違えたやり方では却ってシワやたるみを作ってしまうということで、改めて、いろいろな注意点を書き出してみました。

まずはきれいに洗顔して、肌を清潔な状態にしてスタート。
マッサージクリームは、巨峰大程度を手にとり、顔全部が隠れるぐらいにたっぷり使用。油分が控えめで指どまりが良いものが使いやすいみたいですね。
マッサージは、こすったり、なでたりするのではなく、指で圧力をかけながら、たまった脂肪や筋肉を押すというやり方です。力加減としては、痛気持ち良い程度。
痛いと感じるのなら力は抜いてくださいね。

恵比寿でマッサージは、そうして、ゆっくりとていねいにやることと、必ず、ポイントごとにリンパを流す動作を入れていくことが大切。
このリンパを流す動作というのは、耳の前の顎の関節のあるくぼみを押して、そこからまっすぐ首筋まで圧をかけながら下ろし、そのまま鎖骨まで指を下げてリンパを流す、という行為です。

マッサージの種類は、様々ですが、やり方次第では、肌のトラブルなども起こしてしまいますので、図解説明のある本などを参考にして行うことをおススメします。
また、youtubeなどでも「造顔マッサージ」で検索すると、丁寧な説明動画がいくつもアップされていますよ。
アロマヒーリング恵比寿店〔恵比寿-インドエステ〕